イベント情報

道寸祭り「笠懸」開催

   「笠懸」は、平安末期から鎌倉、室町時代にかけて流行した流鏑馬(やぶさめ)、

犬追物(いぬおいもの)と並ぶ我が国三大古弓馬術の一つです。流鏑馬に比べ、

標的が多彩であったり、障害物があったりと、より実践的で技術的な難易度が

高いものとなっています。源頼朝が三浦三崎遊覧の際、笠懸が催され、

三浦義澄、和田義盛等、三浦一族は弓上手として知られていました。

 以来、笠懸は三浦一族のお家芸として長く伝えられてきており、昭和54年(第1回)に

我が国初めての恒例行事として復活し、本年に至っています。

華麗な弓馬術をぜひご堪能下さい。


【日 時】5月29日(日)

     三浦一族供養祭(雨天決行)        11時~

     和太鼓の演奏、横須賀開国甲冑隊披露 11時20分~

     立身流兵法の演武                12時05分~

     笠懸(小雨決行)                     13時~14時30分頃

※供養祭は雨天決行、その他の催しは中止または内容を変更する場合があります。


【場 所】油壺荒井浜海岸

交通アクセス:京浜急行「三崎口駅」から油壺行バスにて

       終点「油壺」下車 徒歩 約15分


【問合せ先】(一社)三浦市観光協会(電話046-888-0588)

                          (道寸祭り実行委員会)

 
道寸祭り「笠懸」開催